太陽光発電 売電

太陽光発電の売電で多くの電気を売るのに大切な事とは!?

太陽光発電と悪徳業者

 

太陽光発電と悪徳業者について。
商品を購入すると、必ずといって良いほど、
悪徳業者が存在します。
太陽光発電のような大きな買い物になると、
悪徳業者は特に避けたいですよね。
しかも、太陽光発電は、
悪徳業者にとってはもってこいの商品なんだとか・・・。
悪徳業者が多い太陽光発電業界だからこそ、
騙されずに、安心して太陽光発電を導入しましょう。

 

 

 

そもそも、太陽光発電っていくらで導入できるのでしょうか?
高額であることは分かっても、明確な設置費用って見当がつかないですよね。
見積もりをしてもらっても、その価格が妥当なのか、
ボッタクリなのかは普通の人にはなかなか分かり得ないことです。

 

 

悪徳業者で多いのが、本来150万円で設置できる太陽光発電を、
200万円で購入してしまったケースです。
見て分かるように、50万円は損失していますよね。

 

 

どの業者が悪徳なのかは、実際に接してみないことには分かりません。
しかも、悪徳業者はセールストークが上手いですから、
接しても簡単には分からないもの。
さまざざまな情報を元に、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

 

太陽光発電の仕組みを知っていますか?
せっかく太陽光発電を設置するなら、
ある程度どんな仕組みなのか知っておきましょう。
知っているのと知らないのとでは、
太陽光発電に対するメリット・デメリットも違ってきますよ。

 

 

まず、太陽電池は、シリコンなどの半導体によって創られています。
太陽電池は、太陽光からのエネルギーを受けて変換するのは、
ご存知の方も多いでしょう。
そのシリコンは、「p型」「n型」の異なる2つの種類があります。
この2つが重ね合わさったときに、プラス・マイナスの粒子が発生し、
プラス粒子はp型に、マイナス粒子はn型にそれぞれ引き寄せられます。
そして、太陽電池の表裏の電極から、電気として取り出すことができます。

 

 

これが、太陽電池の原理になります。

 

 

 

そして、その太陽電池は、屋根に設置します。
この太陽電池は、セルと呼ばれるものを何枚もまとめ、
一定の電力を得られるようにしたもので、
「太陽電池モジュール」と言います。
モジュールを何枚も屋根に設置し、太陽光をたっぷり浴びて、
各部屋へ電気を巡らせてくれるというわけです。